和田の個人ページ

羽曳が丘時代

たしか小学5年生の秋に羽曳野市羽曳が丘に引っ越しました。

大阪とは言ってもかなりの郊外で、市内の子供たちが遠足に来るような場所でしたね。いわゆる新興住宅地に新築一戸建てを親父が建てたんですが、坂が多く、夏暑
く、冬寒いところでしたね。

庭にかけるお金がなかったのか、手つかずのスペースがかなりあったので、イチ
ゴの苗を植えたりしてました。

母が買ってきたのか山椒の木とかぼすの木があり、毎年アゲハチョウがやってき
て卵を産んでいきました。その卵から黒くて小さな幼虫が孵り、そのうちに大きくて緑色の終齢幼虫になって蛹になって蝶が羽化する。その一部始終を観察していました。

王寺町の頃からスピッツという品種の白い雌犬を飼っていましたが、この頃には白いけれどちょっと雑種ぽい雄犬と2匹でした。休みの日には私が散歩に連れていってましたね。やはり子供の頃に犬なり猫なりを飼っていると、動物に対する接し方が違ってくるようです。

高校まで学校はずっと大阪市内だったので、通学時間が長くたいへんでした。市内の塾にも少し通っていましたから、冬場などは朝薄暗いうちに起きて、夜暗くなってから帰宅するという生活でした。

ページ:
1 2

3

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 研究室のこのホームページですが、全面的にhttp://wadaken.topに移行しました。 …
  2. 2010年3月卒業の山口君が採用試験を突破して、佐賀県職員になられました。 農場の職員時代にフ…
  3. 烏骨鶏
    2年生の分野紹介用のpdfファイル…
  4. 佐賀大学農学部 和田研究室
    ごあいさつ 現代はまさに技術革新の時代です。 19世紀に始まった電気についての研究は20…
  5. 佐賀牛の母と子

    2014/8/20

    佐賀牛とは
    佐賀牛とは 佐賀牛とはJAグ ループ佐賀の登録商標で、JAグループ佐賀管内の肥育農家、農場で…
  6. 烏骨鶏

    2014/8/19

    烏骨鶏とは
    烏骨鶏の特徴 烏骨鶏の烏とはカラスのことで、カラスのように黒い骨をしているニワトリとい う意…
  7. フローサイトメトリーの結果
    近年、口蹄疫や鳥インフルエンザをはじめ、家畜家禽に関する伝染病の発生が相次ぎ、わが国の畜産業にとって…
  8. 陣内あさみ
    本研究室4年生の陣内あさみさんが現役で難関の長崎県職員採用試験(大卒、畜産)に合格されました。 …
  9. 小原瑛子
    本研究室の小原瑛子さんが、農学研究科長賞を受賞されました。 おめでとうございます。 農学…
ページ上部へ戻る