和田の個人ページ

王寺町時代

幼稚園の年長組の時に阿倍野区王子町に引っ越しました。

母の実家の並びの長屋が空いたので移ったわけです。ですから大家さんは私の祖父です。

第2次大戦の時にすぐ近くまで空襲で焼けたようですが、実家と長屋は奇跡的に残ったそうです。だから、かなり年期の入った家でした。

都島よりもまわりには空き地が少なかったような気がします。というか、実家の前の道は商店街の続きで、斜め向かいが映画館、向かいにはバーのようなものがありました。

今思うと、映画斜陽の時代でアダルトものをたくさんやっていたようですが、小学生低学年ではそんなものには興味がなくて、気がつくとその映画館は 廃業してました。

親父の実家が岐阜県の赤坂というところで、春、夏、冬の休みにはほとんど帰っていました。そこでは、近所の子供と一緒に小鮒を網ですくって採っていましたね。半日で100匹くらいかるく採れてました。

祖父は粋な人で、釣りの名人で、鯉や鮒、ナマズなどなんでも釣ってきて、自分でさばいていました。塗りの釣り竿なんか持っていて、それを私が折ったり時にはえらい剣幕でしたね。

かすかに実家で鶏を飼っていた記憶がありますが、定かではありません。岐阜は養鶏業が盛んで、近くに養鶏場があり、祖母はそこに直接行って卵を分けてもらっていました。

養蜂業者もいて、一升瓶に入った蜂蜜を買っていましたね。この蜂蜜はレンゲ蜜で、とってもおいしかったです。

ただ残念なことに、赤坂では昔から石灰石の採掘をしていたんですが、そのころから急に廃液を大量に川に流すようになって、川が汚れてきました。また、地元の子の話では農薬を使うようになったので、小鮒も少なくなったと言うのです。実際に去年たくさん採れた場所に、全く小鮒がいなかったのはショックでした。

でも、年に1回しか来れないので、頼み込んで遠くの秘密の場所につれてもらっていました。そこでは少しは小鮒がいたんですが、採ってしまうと来年は一匹もいなくなるかもしれないって、その子が言うのでその年は1匹も採りませんでした。

子供心に小鮒が少なくなったのを悲しんでいましたね。これがどうも、私が京大の農学部に行く伏線だったような気がします。

ページ:
1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 研究室のこのホームページですが、全面的にhttp://wadaken.topに移行しました。 …
  2. 2010年3月卒業の山口君が採用試験を突破して、佐賀県職員になられました。 農場の職員時代にフ…
  3. 烏骨鶏
    2年生の分野紹介用のpdfファイル…
  4. 佐賀大学農学部 和田研究室
    ごあいさつ 現代はまさに技術革新の時代です。 19世紀に始まった電気についての研究は20…
  5. 佐賀牛の母と子

    2014/8/20

    佐賀牛とは
    佐賀牛とは 佐賀牛とはJAグ ループ佐賀の登録商標で、JAグループ佐賀管内の肥育農家、農場で…
  6. 烏骨鶏

    2014/8/19

    烏骨鶏とは
    烏骨鶏の特徴 烏骨鶏の烏とはカラスのことで、カラスのように黒い骨をしているニワトリとい う意…
  7. フローサイトメトリーの結果
    近年、口蹄疫や鳥インフルエンザをはじめ、家畜家禽に関する伝染病の発生が相次ぎ、わが国の畜産業にとって…
  8. 陣内あさみ
    本研究室4年生の陣内あさみさんが現役で難関の長崎県職員採用試験(大卒、畜産)に合格されました。 …
  9. 小原瑛子
    本研究室の小原瑛子さんが、農学研究科長賞を受賞されました。 おめでとうございます。 農学…
ページ上部へ戻る